ビットコインを詳しく説明!

ビットコインとは

ビットコインとは、2009年に誕生したインターネット上の仮想通貨です。

ビットコインの仕組みの発案者、そしてその開発者は「中本哲史(なかもと さとし)」とされていますが、京大教授の望月新一氏であるとの説もあり、実際は謎に包まれています。

通常、貨幣は国の信用力で紙幣としての価値が保障されています。

しかし、ビットコインは、こうした中央権力に捕われない世界共通の電子マネーです。

ビットコインは海外通貨への両替も可能な電子マネーです。ビットコインは世界共通の電子マネーとなっており、外貨を購入する場合の手数料は、購入価格の0.6%以下と為替手数料と比べて非常に割安です。

すでに円、米ドル、ユーロなど様々な通貨がビットコインへの両替に対応済みです。

ビットコインを使用してネット上でモノを購入する際、売り手・買い手共に手数料は発生しません。

例えばクレジットカードを利用してネット上で商品を買う場合、消費者側は手数料は徴収されませんが、店舗からはカード会社に手数料を支払われています。

ビットコインが今後、更に世界に広まった場合、今までクレジットカード会社等に払っていた手数料分を商品の値引きに回すことが可能となり、ユーザーにとっては非常に大きなメリットとなります。

また、海外へ旅行に行く際にも高い為替手数料を払って現地通貨を調達する必要もなくなります。近い将来、円で購入したビットコインを現地のATMで引き落とすことが可能となるかもしれません。

すでにカナダではビットコインのATMが設置されており、わずか1週間の間に約1,000万円もの大金がATMで両替された事実があります。
そして既に、アメリカの連邦準備銀行、中国、カナダ、ドイツ、オランダと続々と各国がビットコインを通貨として容認しています。

日本ではまだビットコインが利用できるプラットフォームが整備されていませんが、渋谷にある世界最大の取引所Mt.GOX(マウント・ゴックス)に口座を作れば、誰でもビットコインを購入することが可能です。

ビットコインさえ持っていれば世界中で生活ができ、どのwebサイトでも購入が可能という時代が、ネット社会に訪れるかもしれません。